運営団体(CLD)について

CLDとは

アートと対話から創造的な生活をデザインする

アートを介して対話し共に観る、新しいとして1980年代に、ニューヨーク近代美術館( Museum of Modern Art)で開発された「VTS(Visual Thinking Strategies)」と呼ばれる方法があります。解説を一方的に聞くのではなく、グループで対話型の絵画鑑賞をすることで作品をより深く、多角的に見つめることができ、新たな発見につながります。

わたしたちはこうした美術鑑賞方法に視覚障碍者の方を交え「ソーシャルアートビュー」、SAV(Social Art View)※商標登録 第6225167号 出願済とし、対話型グループ絵画鑑賞を行っています。

この活動を通じ、「老いも若きも対話、交歓できる社会」を目指しています。

目的・ミッション

「真善美(まこと)」の探求で、ひとが幸せな人生をおくることに貢献する

「真」とは。

真心サービス。

親切なサービスで安心できる対話の場を創る。

「善」とは。

 善き行い。

「真」を行い、世のため他者(ひと)のためとなる。

「美」とは。

尊い仲間

「善」を行うために集う仲間は尊く、美しい。

目指す世界・ビジョン

出会い・対話をかたちあるデザインに。デザインから新たな世界の発見へ。

1.「親切な場の提供」をし魅力ある企画を実施します

2.「安全で安心な対話」の場を提供します

3.「老いも若きも対話、交歓できる社会」を目指します

団体概要

  • 団体名:特定非営利活動法人 クリエイティブライフデザイン
  • 代表者氏名:林 賢
  • 設立:2016年05月10日
  • 活動分野:まちづくり/学術・文化・芸術・スポーツ
  • 住所:東京都武蔵野市西久保二丁目23番5号
  • 電話番号:080-5195-1926(平日10時~17時/土日10時~13時)
  • メールアドレス:npocld@gmail.com

沿革

2016年5月

団体設立

2017年

  • 武蔵野市の市民活動としてSAV準備イベントの開催
  • 視覚障碍者の方を迎え吉祥寺美術館・国立近代美術館にてイベント実施
  • 武蔵野プレイスにてSAV啓蒙イベントの開催

2018年

  • 武蔵野市民社会福祉協議会広報誌「ふれあい」だよりに記事掲載
  • 市民とNPOの交流サロンにてイベント実施
  • 視覚障碍者の方を迎えちひろ美術館・三鷹市芸術ギャラリーにてイベント実施

2019年

  • かたらいの道市民スペースにて定期イベント実施
  • 武蔵野プレイスにて『みんなの講座』としてイベント実施

活動報告

NPOクリエイティブライフデザイン活動報告(2019年度)

NPOクリエイティブライフデザイン活動報告(2019年度)

NPOクリエイティブライフデザイン活動報告(2018年度)

NPOクリエイティブライフデザイン活動報告(2018年度)

NPOクリエイティブライフデザイン活動報告(2017年度)

NPOクリエイティブライフデザイン活動報告(2017年度)